『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』トーク&ワークショップ

好評につき2回目の開催!
リクエストにお答えして、今回は平日開催です。

家族、子育て、教育、福祉、多様な生き方をテーマにした記事の執筆、「家族会議」の実践や講座・ファシリテーション、書く・聞く・語るに焦点を当てた講座・ワークショップの開催、お母さまが作る着物ワンピース babanofuku のプロデュースを手がける玉居子泰子さんをお招きします。

いな暮らしにも何度も足を運んでくださっている泰子さんは、新刊『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』(玉居子泰子著/白夜書房刊)を執筆されました。

さっそく読ませてもらったところ、一晩で一気読みしてしまうほどぐいぐい引き込まれる面白さ!

こんなコミュニケーションの方法もあるのか!と目から鱗が落ちるようでした。

「かぞくかいぎ」は、かぞくで何かひとつのテーマであれこれ対話をすること。
ほんの10分から、3歳くらいから始めることができること。

親子間で、パートナーと、身近な友達と話すとき・・・

その時々の心境や状況によって、素直に話ができる時もあれば、なぜか緊張したり、余裕がなくてつっけんどんな態度になってしまうこと、誰にでもあることだと思います。

人それぞれ、毎日いろんなことがある生活の中で、お互いに言いたいことを溜め込まず、気持ちよく伝えるにはどうしたらいいのか。

対話のヒントがたくさん散りばめられた「かぞくかいぎの秘密」覗いてみませんか。

著者の玉居子泰子さんにお話を伺いながら、最後にはみんなで”模擬かぞくかいぎ” を体験してみましょう。


「興味はあるけど、うちにもできるかな?」
「普段の会話となにがちがうのかな?何を話せばいいの?」
「子どもが思春期で話にくさを感じてるのだけど…」
「うちの夫はのってこないだろうなぁ」

そんなお悩みにも答えていきます。

新刊『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』(玉居子泰子著/白夜書房刊 は、いな暮らしでも販売します。

本を読んでから参加するもよし、まずは話を聞きに来るもよし、どこかぴんときた方はぜひ、気軽にいらしてくださいね。

お一人でのご参加でも、ご家族やパートナーを誘っての参加も歓迎です。

もちろん、お子さん連れもOKです!

お待ちしています。

【日時】

6月8日(水) 10時〜12時

【場所】

いな暮らし 2階のお部屋

【参加費(お茶・おやつ付き)】

おとな¥2,500 /中高生 ¥1,500/こども(小学生) ¥1,000/ 未就学児 無料

【申込】

inagurashi@gmail.com または instagram のDMまで。

終了後、ランチをご希望の方は合わせてご予約可能です◎


【玉居子 泰子さん プロフィール】

1979年、大阪生まれ。出版社勤務を経て、フリーランスの編集・ライターに。育児・教育雑誌『AERA with Baby』の編集・執筆に携わり、また、妊娠・出産、子育て、仕事、福祉などをテーマに、多様な媒体で記事を執筆。2015年頃、自身の家族との対話を見直したのをきっかけに、様々な家族の家族会議を取材し始め、「家族会議のすすめ」(東洋経済オンライン)を執筆。 2022年2月『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』(白夜書房)を刊行。NHK『おはよう日本』に出演するなど、その家族会議の様子が注目を集めている。二児の母。 https://tamaikoyasuko.com/


- 更新日:2022年04月12日(火)