いな暮らし

稲城にある、もうひとつのおうち。稲城の暮らし いな暮らし。 みんなで食べたり、話したり、わくわくするものつくったり。 おいしいものは分かちあい、言葉を交わして補いあい、手と手たずさえ生み出すところ。 みんなが集う場。 暮らしの場。

いな暮らしのごはん、お茶、おやつ

おとなもこどもも、みんなで一緒のごはんを囲めるように。

お米は稲城産のものや、福岡の津屋崎から届く減農薬の玄米と雑穀米の2種類を炊き、日替わりごはんのおかずは稲城産の旬の野菜を中心に作ります。

スパイスや発酵調味料(味噌、甘酒、ひしお、塩麹など)、自家製のドレッシングやソースを使い、5〜6品をお盆にのせてお一人ずつお出しします。季節ごとに三年番茶、稲城の里山麦茶、ハーブウォーターなども添えています。

飲みものとおやつは、季節の果物を使って手作りしています。

お出しするものすべて、乳製品・たまごは使っていません。


  • 朝ごはん / 600円
    *トースト、おむすびなど
  • 日替わりごはん / 1,200円
  • こどもごはん / 500円
    *おとなのごはんと同じおかずを、
    少しずつ盛り付けます
  • こどもむすび / 350円
  • 飲みもの 各種 / 500円〜
  • 季節のデザート / 500円〜

お手当て部屋 「lotusland」

3月26日(土)から、いな暮らしの二階にお手当て部屋「lotusland」がOPEN。ネイティブアメリカンの手当にルーツを持つ、石と植物と人の手による施術“ラストーンセラピー”を受けることができます。

施術してくれるのは中村真知子さん。昭島のRHYTHBOTANICA【Handmade Soap Factory】のスタッフさんでもあります。日差しがやわらかに差し込む、気持ちのいいお部屋で、温と冷の石用いて、ボディ・マインド・スピリットにじんわりと働きかける、ラストーンセラピー。からだの内側のエネルギーがめぐる心地よさです。

詳細はこちら

お知らせ

いな暮らし

東京の稲城市で、母娘で小さなお店を始めています。食べる・話す・作るをみんなでできる場として、稲城の暮らしにまつわるいいものを紹介していきます。2014年9月、稲城第一小学校の近くのかど部屋から移転し、古民家巌邸のスペースをお借りして、あたらしいスタートを切ることになりました。

住所
東京都稲城市押立1744−46
営業時間
9月6日から通常の営業時間でオープンしています。
火・水・金・土
9:00〜17:00
モーニング / 9:00〜11:00
ランチ / 11:00〜14:00

稲城の採れたて野菜をたっぷり使った日替わりごはんをご用意しています。 お茶やおやつもいろいろ。

フェイスブック
いな暮らし FaceBookページ
お問い合わせ
inagurashi[at]gmail.com
[at]を@に変えてお送りください。

「いな暮らし」へのアクセス

JR南武線 矢野口駅の北口を出て、目の前の横断歩道を渡ります。 そのまままっすぐ進み、突き当たりを左へ。 目の前をガードレールが横切る突き当たりまで来たら右へ曲がり、多摩川を右手に見ながら進みます。 目の前に現れる短い階段を降り、左手の二つ目の角に現れる、 庭から柿の木が張り出した二階建ての古民家です。

※専用駐車場がないため、近くのコインパーキング等をご利用ください。